古来より小牧山 間々観音は「国家静謐、天下泰平」の霊場として様々な霊験が残る。古い記録では、「授乳の御利益を受けて幼児も成人し、永禄の末頃(1569年頃)も母子共に健在である」という記述があり、『正事記』という書物にも「参詣の人たえず、大変栄えている」とある。お乳の御利益以外の霊験の記録を見ると、交通手段であった馬の祈願所としての伝記もあり、現在に至る迄交通安全祈願の歴史も深く残っている。また、戦国武将が武門無事の恩徳感謝で間々観音の本尊に祈念した記録や、その他にも盗難除、病気平癒、家門繁栄等様々な伝記がある。明応~永世年間頃に観音像が小牧山から麓の飛車山龍音寺に遷座されて現在も境内に十一面千手観世音菩薩(伝空海作)が祀られている。この「飛車山」というのも小牧山の古い呼び名の一つであり、小牧山を意味している。明治24年には濃尾地震が発生し、復興を祈念して「千部会」が厳修された。昭和に入り様々な変遷を経て、現在も明治以前の姿を取り戻すべく復興に力を注いでいる。

お知らせ
当山では、通常のご祈願並びにご供養は一座ごとにてお勤めしております。当日受付も可能ですが、なるべくご予約をお願い致します。

安産祈願 戌の日日程年(令和2年正月~令和2年12月迄)

  • 正月8日(水)、20日(月)

  • 2月 1日(土)、13日(木)、25日(火)

  • ​3月8日(日)、20日(金)

  • 4月1日(水)、13日(月)、25日(土)

  • 5月7日(木)、19日(火)、31日(日)

  • 6月12日(金)、24日(水)

  • ​7月6日(月)、18日(土)、30日(木)

  • 8月11日(火)、23日(日)

  • 9月4日(金)、16日(水)、28日(月)

  • ​10月10日(土)、22日(木)

  • 11月3日(火)、15日(日)、27日(金)

  • ​12月9日(水)、21日(月)

3月の観音様の御縁日です。午後1時半頃より堂内にて御経会があります。

​参拝自由

観音縁日​

​3月18日(水)

恩徳会

​5月18日(月)

日々の報恩感謝と、結縁者の方々が安泰でありますよう、御守護を願います。

円満鈴(令和元年より)

お盆供養会

​7月12日(日)

本堂の阿弥陀如来の御奉前において回向をお勤めし、御霊となられた方々にお塔婆を建てて供養を行います。

​お乳の絵馬(黒)

トップへ
御参拝に来られる方へ
  • 金曜日は寺内整備のため、寺務所(受付)は閉めさせていただく場合がございます。但し、18日及び祝日、行事予定の場合は、通常通り受付は開いております。

  • ​御祈願・御供養は 9時半 ~ 11時半、13時半 ~ 15時半の間で、随時(なるべくご予約下さい)行います。

  • 山門開閉時間 … 午前7時半 ~ 午後5時迄

お問い合わせ

小牧山 間々観音
485-0048  ​愛知県小牧市間々本町152

Tel: 0568-73-6173

山門開閉時間

午前七時半 ~ 午後五時迄

Copyright 間々観音 All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now